名古屋・錦で接待や二次会としても使えるスナックはメンバーズ「千毬里(ちまり)」公式ブログ

メンバーズ「千毬里(ちまり)」

052-953-3268

ブログ

テーマ: 千毬里スタッフの日常

かめチャンベランダに移動

お外が暖かくなったのでかめチャンを
ベランダの水槽に移動しました🎵

かめチャンのお友達アヒルチャンは千毬里のママから貰いました✨

ちょっと目を離したすきに脱走しようと…(笑)
ちなみに温度計を三個も壊した
かめチャンです。今日も元気いっぱい😊

さちこ   

きららです✨

ブログでは初めてご挨拶させていただきます😌
きららです✨

コロナの影響で長い長い春休みを継続しております🥺🏠
皆さまはいかがお過ごしですか?

私はオンライン授業が5月より始まるため、zoomというアプリをダウンロードしました!しかし使い方に少し苦労しております😅

テレビ電話と似ているのですが、データファイルの共有が出来たり、ホワイトボードでは同時に手書きメッセージを書き込めたり出来るんです!

近未来的でワクワクしています😍

きらら   

イズミン徒然JK記 番外編

今回は、イズミンと理科の実験( ^ω^ )!

なんちゃってJK時代、自由研究の課題にしたものが
想像以上に実用的だったのでご紹介。

〜スクラブをつくろう〜

さて、ご覧下さっているパパちゃんたち👋
スクラブとは何か、ご存知ですか?

((スクラブとは??))

細かい粒子を含んだ洗浄アイテムのこと。
手に取って 優しくクルクルマッサージすれば
古い角質や皮脂、汚れなどを取り除いて
お肌を整えてくれるのです☝️

お顔や体用のみならず、
リップスクラブなど唇をなめらかに整えてくれるアイテムも。

ザラザラした粒子は
種子や塩、砂糖など、製品ごとに様々。
要は垢すりをするような感じです。

垢すりでは 物理的に垢を刮げ取りますが

スクラブを使用することで
塩や砂糖のもつ特性、合わせるオイルなどの効能を
一緒に得られることから
リラックス効果や温活など、相乗効果が期待でき、
お肌に とっても良いのです!

時代は令和。
男性だって お肌がキレイな方がモテますよ🤗❤️

まず用意して頂くのが、塩。
(美容塩が好ましいですが食塩で大丈夫です🙆‍♀️)

塩 大4、オリーブオイル 大2

(この分量が体一回分です)
(油が酸化するので作り置きはやめましょう)

まぜまぜり〜🌀🌀🌀🌀🌀🌀

これだけでスクラブは完成☆なのですが
お家にエッセンシャルオイルがある方は

(加湿器に入れる、香りの高いオイル。
精油とも言います。ラベンダーとかゼラニウムとかが有名ですね)

4,5滴入れると良いですよ🥰

塩のザラザラが古い角質を研磨するので
優しく、優しくマッサージして下さい。

体がポカポカするので
私は塩で作るのが好きですが

お肌が敏感な方や、お顔に使いたい場合は
塩ではなく、砂糖を使って下さいね。

お砂糖は、日焼けした後の肌にも良いので
これからの季節、ゴルフの後のケアにもオススメです(^^)

また 皮脂の気になる方は、オリーブオイルの代わりに
ヨーグルトで混ぜると洗い上がりがさっぱりしますよ!

皮脂は 汚く、要らないものと思われがちですが
(出過ぎは汚いです!!笑)

肌本来の美しさを守る バリアの役割を担っています。

特に男性の洗顔料は洗浄力の強いものが多く、
界面活性剤が多く含まれている商品が多い為
油分を過剰に洗い流してしまっているかもしれません。

お肌の中が乾いてしまうと
肌を守ろうとして体が余計な油を出してしまいます。

必要な水分が残るように工夫してあげることがポイントです!

抵抗のない方は、
奥様のクレンジング(化粧落とし)を500円玉大ほど拝借し、
そこにお砂糖を ザラっと手触りを感じる程度加え、
使うと手軽です🙆‍♀️

お鼻の周りや、眉間、おでこなど
皮脂がでやすく溜まりやすい箇所を
優しくクルクルしてあげてください☺️

(ぬるま湯でしっかり洗い流してね!
少しぬるっとする感覚があるかもしれませんが、
これが乾燥からお肌を守ってくれます。)

豊富にあるお家での時間。
コツコツケアをして、美肌を手に入れませんか?

何種類か作ってちまりで押し売りしようかな!!
1個300円くらいでどーお?

泉ちゃんのハンドマッサージ付きで2000円とか。
どーーーーお???😊

独断と偏見でお金要らんかったり
めっちゃ高くしたりするかもやけど🤭笑

いずみ   

イズミン徒然JK記 其の弐

自粛中 徒然なるままに、日暮らし、スマホに向かひて、
こころうつりゆく よしなしごとを そこはかとなく かきつくしけれ。

27歳で女子高生になった私の学校生活を綴ります。

国語が好きですが、それを含めても
トータルして成績は芳しくありませんでした(^ν^)

脳みそは、使わなければ ますます腐るのですね。

さて、今日のお話。

前回の記事でもちらっと書きましたが、
この渡り廊下、渡ることはできません。

なぜなら崩れるからです。

その昔、中学校の校舎として奮闘していたそうで
雨にも負けず 風にも負けず、有り余るエネルギーを持った年頃の生徒にも負けず、今日に至るこの廊下。

いよいよ生徒のエネルギーに負けはじめました。
ポン、と肩を叩く程度の衝撃で
壁がぼろっと落ちたため、進入禁止にしたとのこと。

入っちゃダメよ、のアピールで置かれたハードルは
ダメと言われればやりたいお年頃たちの格好の餌食です。

先生は見回りに走り回っておられたが
このイタチごっこは、誰か死ぬまで続くと思われます。

では、まだ見ぬ犠牲者に。合掌🙏

さてこの廊下は 見ての通り、吹きさらし。
屋内とはダメージの度合いが違うことと思うが

木でできた教室の床は?手すりは?そして同じく雨風に晒されている階段は??
果たしてどの程度の強度なのだろう。

盆明け、灼熱の中行われるスクーリングは
そんなことをイメージして 背筋から寒くなる作戦で涼をとっておりました。

ところで私はずっと気になっていたのだが
ハードルは、飛び越える為に存在するのではないだろうか。

ハードルとは。。。

ーつづく(かも)ー

いずみ   

イズミン徒然JK記

更新しすぎ?笑
実は私、一昨年まで女子高生でした。

(JKとは女子高生のこと。
J(jyoshi:女子)K(kousei:高生)
分からんかったダディ〜の為に
イズミンからの優しい解説☝️💓)

当時27歳の泉ちゃんが高校生に
なろうと思うと選択肢は通信制になります。

高校だけれども、単位さえ取れば卒業という大学のようなシステムです。
スキルによっては飛び級もありです。

私のように途中で辞めたり、
進学はしなかったけれど 社会に出てみて
やっぱり必要だと感じて通う社会人に
通いやすいカリキュラムになっています。

したがって一般的な通信制の高校は
生徒がほぼ社会人ですが、
通っていた学校は クラブ活動に力を入れており
進路の本命として選ぶ生徒が多く、
ピチピチの15,6歳たちが同級生でした。

プリプリの肌、いと眩しけり。

通信制の高校にもスクーリングと呼ばれる登校日があり
兵庫県は相生市にあるド田舎に
もとい、自然豊かな環境下で実施されます。
(夏は盆明け、冬は1月下旬頃それぞれ1週間ほど
廃校になった校舎を買い上げたそうです)

写真の緑とピンクの建物は
老人ホーム。

その隣には ひそかに墓地がございます。

入所されている方達は
突き刺さる日光の下 墓を眺め何を思うのでしょう。
実にシュールです。

他にも渡り廊下が崩れたり、

最寄りのコンビニまで徒歩50分だったり、
蛇が参観に来たり🐍
トイレにドアがなかったり

学校生活は それはそれはネタの宝庫でして
何からご紹介しようか迷ってしまいますが
まずは、このお話をしようと思います。

入学試験の日。
極力薄くしたけれど
やっぱりどこか濃いメイク。

いつもの癖で固めすぎた髪が
完全にキャバ嬢感を醸し出していた。

細かいことは気にしないことにして
スーツに身を包み、面接に赴いた私は、
ドキドキしながら校門へ向かった。

私は全日制に在学経験があるため予定は面接のみ。

すると教頭先生と思われる人物に
「恐れ入りますが保護者の方は外で」
と校内に入ることを制止された。

ホゴシャ?あやめ(母)の事か?

もはやオバハンになりつつある
娘の高校の面接の為に
仕事を休ませ何時間もかけ
巨体を山に登らせるのは忍びないから
呼んでないのだが…..

一体このハゲは、何を言い出したのだろう。
混乱でこちらまでハゲそうだが 何のことはない。

生徒のオカンだと思われている。

生徒が間違うならば、100歩譲って良いだろう。
ハゲ。10000歩譲ったって、お前は許さんぞ。

入学してくる生徒の願書ぐらい目を通せ🖕

そしてどれだけ早く産んでいたとて、
当時27歳の私に高校生の子供は居ない。
そこが大きな一点だ。
目玉洗って出直して来い🖕

と憤慨したが とりあえず抑えて。

すみません、年齢は他の生徒さんと
随分違いますが 入学希望で面接に伺いました、と答えたところ

(エラくない?!
失礼極まりないゲーハーにこの対応エラいやろ?!
褒めて!!!あの日の私を褒めて!!!)

いきなりペコペコしだすから
あまり見てはいけない、見たくもない
まだらにピカピカした頭を何度か拝み、
面接の部屋へ向かった。

リアル新入生の皆さんは
当然面接は中学の制服で来ている。

通信制といえども現役の子から要望が多いのか、
学校指定の制服があり
面接後に採寸という予定になっていた。

何度も申し上げるが私は当時27歳。

輝く教頭に親と間違えられるような見た目ですし
(↑しっかり根に持ちます)
勝手を言って恐縮ながら、その辺り
ご配慮頂けませんでしょうか

という意味で、制服の着用は一律の規則か聞いてみた。

すると今度は脂ギッシュな面接官に

「イヤイヤイヤイヤ!😨
結構です!結構ですよ!
どうぞそのままで!
その時々に相応しい服装で結構ですので!!」

と首を振りまくられた。

そんな食い気味でケッコーケッコー言われたら
私が着せろってゴネて、
しかも断られとうみたいで
恥 ず か し い や ろ う が っ っ🐓🐓!!!

どいつもこいつもロクでもないな🖕🖕🖕
と、いう事件があった。

あれはきっと、
1人だけ周りと違う私を気遣ってのこと🙏🥺❤️
(だと思いたい)

けれども言葉は知らず知らずのうちに
人を傷つけるものなんだと
この時深く思いました。🖕
これがこの学校で私が1番学んだことです。🖕🖕🖕

色々書いてはみたけれど、
貴重な2度めの高校生活は思いのほか楽しいもので

この経験があったから
こちらに来て勤める際に
年の離れた同期に対して
(もちろん彼らの人柄もある)
あまり高いハードルを感じなかったのかも、と
今これを書いていてふと思いました。

〜そして この先の二年間、先生には保護者に間違えられ
同級生には先生と間違えられる日々を送ります〜

つづく(かも。)

いずみ   

  • お店について
  • システム・メニュー
  • フロア紹介
  • アクセス