名古屋・錦で接待や二次会としても使えるスナックはメンバーズ「千毬里(ちまり)」公式ブログ

メンバーズ「千毬里(ちまり)」

052-953-3268

ブログ

2018年9月の記事

秋田 玉川温泉♨️ 続きです❗️

玉川温泉は 強酸性温泉です
  温度  98℃の温水が吹き出しでいます。




日本一の 強酸性で  塩素を主成分としているのも 特徴です。
温泉水が流れこむ 下流は  玉川毒水とも
いわれ  生き物が 住めません  
そこで  中和させてから 川に 流すようになってます

そんな  特有の温泉だからこそ 岩盤からも
いろいろな ものが 出ていて 悪い箇所を
治してくれるのでしょうね
体調の悪い方が  日本 全国から 押し寄せて来ています。



小山の中で 寝ない方は こうして
思い思い  自分の場所を 見つけて 岩盤浴してます。


ここの奥には  宿泊施設や 浴場があります。
湯治客は ここで 必要な物を買ったりします。

岩盤浴をするには この道を 進んで  奥へ  行きます。
名古屋に住む 私には これが 最初で最後の道かな♨〜〜🙄❓

まだまだ  続きます   秋田 ‼️   

秋田 の旅 続き❗️

皆さん  こんにちゎ(⌒▽⌒)  

またまた
台風が 不穏な動きしてますね・・
被害が出ないと いいのですが🙄💦

前回  秋田の旅は  八郎潟から 男鹿半島 
寒風山  でしたが  次の日は メインの温泉♨

まず   秋田市内から   乳頭温泉♨へ 
乳頭温泉は  かたまった場所に 
あるのではなく  その地域に 点在しており  
その中では  一番、有名な 鶴の湯  へ 行って来ました。

   
お湯は  乳頭と 云うだけあって 白濁しております  🤗 
優しいお湯です  

風情のある  ただずまい!



地元の人や 隣県からの観光客も 多く
賑やかでした❗️

両隣の建物は  休憩場や 宿泊室と
なっていますが   昔は ほとんどが 湯治客
用 だったんでしょうね・・

主要道路からは  10分ほど 中に入りますが
舗装されている 道ではなく   久々に 
ガタガタ道路    お〜〜  😅💦💦  ぁはは

乳頭温泉♨を 堪能した 後は  目的地の玉川温泉へ
その前に  本日  宿泊する  南玉川温泉♨の  なはやの森へ  
玉川温泉へ 行く為の  グッズを借に寄りました🤗

グッズは    ゴザ   バスタオル   枕  などです。

おお〜〜  ここが  日本一  行きたい温泉に 輝いた 
玉川温泉♨

山の中に  一部だけ  
白く  もうもうと 湯気か沸き上がってます。



この小山の中で  皆さん ゴザを引いて岩盤浴です
三つ小山があり  山に近い順に  温度が違います 
それぞれ  体調や 好みに 合わせて
20分 から 40分  ほど  岩盤浴します

次回  続く ・・

男鹿半島 その2❗️

男鹿半島 その2 ❗️

男鹿半島 と いえば なまはげの古里

こちらの 真山 神社 から 神事の時は
なまはげが 出て行きます!

これ 私 ‼️ 笑) なまはげになってみました

たくさんのなまはげが 展示してあり
ますが それぞれ 顔かたち 衣装
手に持つ 道具なども 全部 違います!

こちらは すべて それぞれ 持ち主が いて
神事の際は こちらから 持って
身につけてるそうです ( ̄^ ̄)

小さな子供には 恐怖でしょうね !

男鹿半島から 秋田に向かう途中
道路の 路肩で アイスクリームを売る
おばちゃん 発見‼️

これが 有名な ババヘラアイス か

パラソルが目印

ひとつ 200円です❣️

ぅ〜ん 美味しかった (⌒▽⌒)

次は いよいよ 温泉♨️へ 続く

2泊3日で秋田に行って来ました ( ´ ▽ ` )ノ

皆さん こんにちゎ‼️

少しづつ 秋が近づいて来ましたね (^-^)
お元気で お過ごしですか?

この9月 15日から17日 2泊3日 で
秋田に行って来ました ( ´ ▽ ` )ノ

名古屋からなら プロペラ機なんですね

小さな飛行機✈️です!

メインは 玉川温泉♨️ !

でも せっかく 行くのですから 秋田を満喫
しょうと
まずは 一日目 八郎潟から男鹿半島へ

飛行機から 見た風景も 車から
見る風景も 田んぼ 田んぼ 田んぼです

さすが 米どころ‼️ ( ̄^ ̄)

丁度 稲は 刈り取られ日を
今か今かと 待たんばかりに 実り
黄金の田園が広がっていました!

八郎潟にある 日本一 低い山

そこから 見た開拓地

見渡す限りの 田園 ほんと広い
昭和の初め これだけの土地を 開拓し 育てて
来た 先人の知恵と努力には ほとほと
頭が下がります!

次は 八郎潟から 男鹿半島 寒風山へ

素晴らしい 景色でしたヽ(´▽`)/

寒風山から 半島の 突端へ

入道崎のシボル灯台 ゼブラ灯台です

ここで お昼御飯 頂きました!

入道崎には お店が並んでおり たくさんの観光客で賑わっていました。
食べたのは 磯 定食!
せっかくの 日本海 です。 鯛 一匹 そのまま

2500円なり❣️ (⌒▽⌒)
高いのか?安いのか?

次回へ 続く‼️

今日は前回の続き、名もない池のお話(⌒▽⌒)です

皆さん こんにちゎ❗️

朝夕 ずいぶん 過ごしやすくなって
来ましたね

こんな 時節の変わり目は 風邪 引かない
ように お気を付け 下さい (^-^) ね

今日は 前回の続き
名もない池 の お話 (⌒▽⌒) です

別名 モネの池

約 3年前に 一人の 女性が
モネの池 みたい❣️ と ツイターで 呟いた
のが きっかけで 今や 海外からの 観光客も 訪れる 超人気の スポットです‼️

根道神社⛩ 地元の 氏神さまを祀っている
神社の 鳥居の手前にあります。

池は 思ったより 小さ目でした

湧き水の池で 年中 温度は 14度
代名詞になっている 睡蓮は その為 枯れずに
紅葉する 為 今年の葉と 去年の葉が
一緒になり 彩りを 加えています。

透明度が 高いので、浅く見えますが
水の深さは 大人の腰ほどあるそうです。

この池には たくさんの鯉が 泳いでいます
中でも 身体全体は 白地に 黒の模様ですが
頭に 赤いハート♥️の柄がある 鯉が 人気です 若い女性が みつけると
恋が実とか?・・・ほんとかな 笑)

でも 最近は その♥️マークの鱗が
剥がれてしまい ちょっと いびつになって
しまったようです 。
でも 泳ぐ鯉達が 透明な水で 浮いているようで
絵画のように ほんと 綺麗でした!

話に聞くところ 春夏秋冬 一日の間でも
時間帯に寄っては 池の色も
変化するそうです。

プロのカメラマンは 朝 まだ 鯉が 起きない
時間を狙って来るそうです。
鯉が泳いで 波紋を 作らないと 透明度が
より一層まし 透明な水は色を 映しこんで
美しく 撮れるそうです。

ぜひ こちらも 機会あれば お出掛け
下さいませ (⌒▽⌒) おススメです。

  • お店について
  • システム・メニュー
  • フロア紹介
  • アクセス