名古屋・錦で接待や二次会としても使えるスナックはメンバーズ「千毬里(ちまり)」公式ブログ

メンバーズ「千毬里(ちまり)」

052-953-3268

ブログ

テーマ: 千毬里スタッフの日常

モネの池へ行って来ました!

こんにちは!
先日モネの池へ行って来ました!
お天気も良く、絶好の行楽日和。
紅葉には🍁まだ早かったですが、お水がとってもキレイで、何とも雰囲気のある池でした✨

そして縁起の良いゴールドとシルバーの鯉❣️

辿り着いた時間が真昼間でしたが、朝一など時間帯毎にいろんな表情を見せてくれそうな池ですので、一度いかがでしょうか?

恵未   

お名前はなんですか

気づけばビニール傘を6本もなくしている。
「自分の傘」とわかる傘を持っていた時は もうちょっと大切にしていたよなぁと思い出し、安いものだが購入することに。

“レディースアンブレラ”を良いように解釈し、

「これな、シンデレラっていう傘やねんで❤️」と自慢し、恥をかいた。

黙っておけば良いものを 苦しまぎれに放った「あぁ、、、アンブレラっていう傘か」の言葉でオフィスを震撼させた泉です。

umbrella。ァンぶレら。

ああ。傘があったら入りたい。

泉   

手近にスカッとジャパン

画像はグーグルさんから拾ってきました

万年ダイエッターにとって大敵であるカレー。

炭水化物に炭水化物を加え 爆☆炭水化物の上に炭水化物をかける食べ物、それはカレー。食欲が暴れ出す悪魔のような香り。

今日私は、カレーが食べたくて気が狂っていた。

昼の仕事を終え、イモをゲットすべくスーパーへ。そんな時に限ってスーパーのレジは激混み。また店員がトロいときている。とうとう初老の男性が早くしろと怒り始めた。

おっさんのハゲ頭を見つめながら、騒ぐと余計に時間がかかる。落ち着けと念じた。

早く帰って具を炒めたい。私に限らず後ろに並ぶ人の心中も穏やかでなかっただろう。

するとどこからともなく幼稚園くらいの男の子がやってきて「おじさん、怒ってるの?順番はね、静かに待たないといけないよ。」とおっさんを諭し始め、ものすごく嫌な雰囲気が一瞬にして晴れた。当のおっさんまでもが爽やかな顔をしている。

力いっぱい抱きしめたい気持ちは抑えたものの、あの空気清浄機のような坊やにありったけの幸せが訪れるよう、祈らずにいられない。

コンクリートジャングルにマイナスイオンをありがとう。彼がいる限り、日本はまだまだ捨てたもんじゃねぇな。

泉   

秋といえば其の一

少しずつ秋らしくなってきました。

と、打ちたいところですが まだまだ夏の名残がありますね。

春まで住んでいた兵庫県姫路市では、名古屋よりも一足早くぐんと気温が下がる一方で、全国的に有名な某けんか祭りに向け、皆さん燃えておられるようです。

この段々畑のような造りになっているのは桟敷席(さじき)といい、一畳ほどの大きさのお席が何十万円、下手をすると、、、というおっかなびっくりのお値段です。

良い席は名士の方が代々受け継いで持っておられるという(一度手放すと幾らお金を払ってもその権利は戻ってこない)ぶっとびステータスなシステムなのです。
他府県の方にお話しすると驚かれますが、お祭り中は会社や学校は全てお休みになるんですよ。

けんか祭りという名の通り危険だという理由もありますが、なにより皆さんお祭りというイベントが大好きだからです。

祭りを放って仕事だなんて、冒涜なのです。(笑)

私は姫路が地元ではなく、育った街に祭り文化がなかった為 初めはなんて野蛮な所だろうかとチビりそうでしたが

過疎化が進む地方都市で 老若男女問わず伝統文化を愛し、大切にしている。こんな素晴らしいことはないと 今は思います。

近くで見るやっさ(ものすごく大きい いわゆるお神輿)の厳かなこと、大袈裟ではなく命をかけて練る一体感が生む迫力。内臓が震える地響き。まさに圧巻です。

お祭りは飾磨(しかま)から灘、網干(あぼし)と東から西へ流れていくように毎週順に行われ、掛け声も「ヨーイヤサー」から「チョーサー」へと変わります。

ハイ、ではまずおじさまたちのTバック姿をご覧いただいて。

こちら網干の提灯祭り。だんじりが集います。

このお祭りは先ほどと違い神輿を云々、、というよりは長い竹に提灯をぶらさげ叩き合って落とすのが名物です。落ちた提灯はファイヤー🔥

酔って火照る頬を くすぐる夜風が心地良く、第二の故郷を想いながら今日も今日とて つい深酒。

秋といえば、食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋、、、

気候が穏やかになると 新しいことにチャレンジしたい気持ちがムクムク。

今日は読書が好きになるきっかけになった本を皆さんにご紹介するつもりだったけれど、思いの外祭りの紹介に熱が入ってしまいました。

趣味の紹介はまた次回に(^ ^)ノちゃお!

泉   

ちまりの愉快な仲間たち

錦の東横インの近くにある「さんちゃご」さんというお店にママとエミさんとご一緒してきました!

写真に収め忘れましたが
ここのお店、、にじり口のような小さな入口からにゅいっ🐱と入るのです。

味があります。

箸置きの1つ1つも手が加わっています。

季節の山菜をさらりと頂けるのがグッド。
山菜はエグみが強いイメージでしたが
絶妙な塩梅の味付けが 私の偏見を払拭してくれました。

こちらはアマゴ(だったはず)とニジマスのハーフのお魚。サーモンのような甘い脂の味がしました。

ここでこの日のお楽しみ!エミさん。

ではなく。笑

イワナの骨酒。

ハロー イワナちゃん。

魚が入る日本酒といえばヒレ酒しか知りませんでしたが、ヒレ酒にはない川魚独特の優しい風味があり、なんとも言えないコクが最高でした。

写真では分からないけどこの海老天、立派でぷりぷり🦐お腹がいっぱいだと仰るお客さんの皿まで平らげたのは内緒。

みんながお腹いっぱいだと言っているのに
1人だけ〆の米もくれとしっかり米まで頂いたのも内緒。

骨の髄までおいしく頂きました。
ありがとうイワナちゃんたち。🙏アーメン。

泉   

  • お店について
  • システム・メニュー
  • フロア紹介
  • アクセス